「葉酸とホルモンバランスとの関係」や葉酸サプリのメリットなどについて紹介

女性の場合、ホルモンバランスが乱れてしまうと、疲労や頭痛など様々な症状が発症しやすい傾向にあるようです。しかしその様々な症状を改善してくれる栄養素として葉酸が挙げられます。

現在、葉酸は人の健康にはなくてはならない存在となってきており、注目度の高い栄養素になっているとも言われています。そこで今回は、葉酸とホルモンバランスとの関係性や葉酸サプリを利用した場合のメリットなどについて紹介します。

葉酸はホルモンバランスの乱れの改善に効果的!

女性にとってホルモンバランスを良好に保つ事は健康を維持する上では重要な要素です。もしホルモンバランスが乱れてしまうと様々な体調不良に陥る可能性は高くなります。ホルモンバランスが整っていれば、それは月経周期において女性ホルモンの分泌が正常に行われているという事であると同時に、排卵も問題なく行われているという状態でもあると言えます。

そんな中、葉酸はホルモンバランスを正常に整える効果がある事から、女性の方には積極的に摂取してほしい栄養素と言えるでしょう。ホルモンバランスは、ダイエットやストレスが原因で体調を崩したり、栄養バランスが悪くなる事が要因で葉酸が不足した時などに乱れる場合が多いと言われています。

葉酸には細胞の生成をサポートし、貧血予防や精神的に落ち着かせてくれるなどの効果が期待できるだけでなく、ホルモンバランスを正常に整えて健康な体を作って維持するには大切な栄養素でもあります。そのため、特に女性にとって葉酸は、必要不可欠な栄養素とも言えるのかもしれません。関連リンク...葉酸サプリ妊活|美的ヌーボプレミアムPlus

女性の場合、体調の良し悪しはホルモンバランスに左右されやすい傾向にあります。ホルモンバランスが崩れてしまうと多くの場合、自律神経の機能が低下し、様々な体調不良が起こりやすくなります。例えば慢性的な疲労感や倦怠感の他、貧血や肌荒れなどといった症状は、ホルモンバランスの乱れが要因となっている事が考えられます。

これらの症状を改善するには偏った食事を避け、バランスの取れた食生活を実践する事が重要であり、そうする事でビタミンやミネラルといった栄養素を十分に体内に取り込む必要があります。特にビタミンB群のひとつでもある葉酸は、女性にとっては慢性的に不足している栄養素であるとも指摘されています。

そして、葉酸はホルモンバランスの改善が大いに期待できます。

ホルモンバランスの乱れを改善させる方法のひとつとしては、葉酸を多く含む食品を積極的に食事に取り入れていく事が挙げられるでしょう。葉酸が豊富に含まれている食材としては、小松菜やホウレンソウ、レバーなどがあります。

サプリメントによって葉酸を摂取するのが最も効果的と言われている

妊娠中の方は、食事による栄養補給がとても重要になってきます。なぜなら、赤ちゃんが健やかに成長していくためには、様々な栄養素を摂取する事が必要不可欠だからです。しかし数多くある栄養素の中でも特に摂取が容易ではないと言われているのが葉酸です。

理由としては葉酸が水溶性であるという特徴から、調理をする過程で食材から葉酸が失われやすいからです。また妊娠中の方に葉酸が必要な理由として、胎児の神経管閉鎖障害のリスクや食物アレルギーの発症リスクを低減させる効果が期待できる事が挙げられます。

また赤血球を作り出したり成長を促進させる働きもあるため、赤ちゃんの体を作る上でも葉酸は重要な役割を持っています。さらに葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防する効果がある事から、流産の予防にも繋がります。

他にも貧血に陥りやすい妊婦の赤血球も作り出す役割もあるので貧血予防といった効果も期待でき、また血流を良くする作用もある事から便秘の解消にも役立っています。このように葉酸は、妊婦にとって欠かせない栄養素ですが、食事から摂るのは比較的難しいため、一般的には葉酸サプリを用いて摂取するのが最も効果的と言われています。

例えばほうれん草は葉酸が多く含まれている食材のひとつですが、1日に必要とされている摂取量をほうれん草のみで補おうとすると、少なくても7束食べる必要があります。さらに食べ物によって取り入れた葉酸の場合、体内で吸収される割合は半分程度になってしまいます。

そのような背景もある事から、現在では効率よく摂取するには葉酸サプリが最も推奨されている傾向にあります。

高齢出産には様々なリスクが伴ってくる!

高齢出産の場合、葉酸サプリを利用すれば高齢出産で考えられる3つのリスクを低減できると言われています。3つのリスクとは、妊婦高血圧症候群や赤ちゃんの先天性異常、及び流産です。妊婦高血圧症候群は重症化すると妊婦だけでなくお腹の赤ちゃんの生命にも危険が及んでしまう症状で、高齢出産をすると発症する確率が高まるとされています。

また赤ちゃんの先天性異常は生殖機能の低下が要因と言われていますが、例としてはダウン症や神経管閉鎖障害などがあります。さらに高齢出産する女性は年齢が上がるほど卵巣や子宮などの生殖機能が衰えてくるので、その分、流産する確率は高まってしまいます。

高齢出産の方にも葉酸サプリは効果的

しかし先ほど述べたリスクも葉酸サプリを摂取する事で予防する事は十分に可能です。まず葉酸を摂取すれば、生殖機能の老化を遅らせる事が期待できます。さらに老化の原因でもあり、細胞増殖を妨げる要因にもなっている活性酸素の発生を少なくさせる効果も葉酸にはあります。

これらの効果が現れる事によって流産のリスクを低減させる事にも繋がります。また赤ちゃんの細胞分裂を活発にさせる事もできるので、先天性異常のリスクの回避も大きく期待できます。また高血圧症候群の場合でも、血管の老化を防ぎ血流を良くする事で発症が回避できるようになります。

葉酸サプリはストレスを軽減させたい時にもおすすめ!

高齢の女性が妊活する場合は、いかにストレスを軽減あるいは無くすかが大事なポイントとなってきます。ストレスを溜め込んでしまうとホルモンバランスは乱れてしまうので、お腹の胎児にも何らかの影響を与えてしまいます。

そんな中、葉酸サプリを摂取する事は、ストレスの軽減にも繋がると言われています。理由としては葉酸がビタミンB群のひとつであり、これが疲労の回復に効果があるとされているからです。ストレスとなる要因の多くは疲労からくるものなので、はじめに疲労を取り除く事でリラックスできる状態にするという事です。

また葉酸サプリは、ストレスによって傷ついた細胞を修復したり、脳の神経細胞を正常に回復させたりする効果もあると言われているので、精神を安定させる事も可能です。そのため、高齢での妊活においても葉酸サプリは大いに役立つと言えるでしょう。

関連:葉酸と排卵日には関係がある?葉酸サプリができること